BLACK CAT MELANCHOLIA
日常の記録。
好きなものたちへの愛も綴ります。








スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク
愛すべきヒゲネコ展
 

六本松にある東欧雑貨ピクニカさんでヒゲネコ展なるものが開催されております。
東欧雑貨なのになぜに猫の展示?それもヒゲ…ネコ……??

そんなアナタにはこちらの写真。
ヒゲ!まごうことなきヒゲが口元に…!!

「我が輩は猫である」

と、今にも話し出しそうな立派なヒゲと凛としたお顔立ち。

こちらの猫ちゃんはピクニカ店主のつるさんが飼っているチッチ君。
他にもう一匹やんちゃなデン君という黒猫を飼っております。
(両方ともオスメスどっちだったかな…)

店主のヒゲネコ愛が溢れ出した結果、
このような展示が開催されることになったわけですね。

さて、こちらの展示ではこれまでつるさんが撮りためた猫写真の展示と共に、
様々なグッズも販売されております。

バッグにノート、缶バッチにハンコなどなど…。

*ピクニカさんで購入したオリジナル(piknico)の
 ランチョンマット(クロスステッチのリスがプリチー)と、
 ヒゲネコグッズもろもろ。

そして極めつけはこちら…!!(ドドーン)


こんな風にヒゲネコマスクをかぶることもできますよ。
(変なポーズでごめんなさい。わたし、ヒゲネコ仏です。)

「♯ヒゲネコマスク」のハッシュタグをつけてinstagramでアップすると
こんな風に一覧でみなさまのヒゲネコマスク姿を見ることができます。

大人がこんなにふざけてる…!このくだらなさが最高…!!

instagramをやってないから見れない…という方は、
findergram等のサイトでハッシュタグを検索すると
みなさまのヒゲネコ写真を見ることが出来ます。

こちらのヒゲネコ展、7月10日にピクニカさんでの展示を終えた後は、
なんと福岡を飛び出して火の国熊本で開催されるようです。

ヒゲネコマスクをかぶってみたい!
ヒゲネコの写真を見たい!!
グッズが欲しい…!!!

という猫狂なみなさまはどうぞこちらのヒゲネコ展へ。
(あ、もちろん本業の東欧雑貨も素敵な品々満載ですよ!)

※ちなみに本物のチッチはお店にはおりませんのであしからず。


(…ハ!)
picnika : comments(0) : trackbacks(0) : salmery
新生ピクニカご訪問!

行って参りました、ピクニカ六本松店!!

昨日、天神は岩田屋の「博多うまかもん市」で舌鼓を打った後、
去年の28日に今泉店を閉店し、今月の22日金曜日にオープンしたばかりの
新生『ピクニカ』さんへ足を運んで参りました。

バス停で降りて地図を見ながらとことこ歩いて行きますが、
道がまるで迷路みたいでどういけばよいのやら・・・。

 

ん?あの見覚えのある明かりの色はもしや・・・?

ピクニカに違いない!!


その光を求めて行くと、その先にはやはりピクニカ。

 

通路を渡って扉を開けると長い階段があります。
そこで色とりどりの可愛らしいスリッパに履き替えて、
二階へと登って行きます。

そこにはやはりどこか懐かしくてほっとするような空間が広がっておりました。
まるで今泉店の時のそのままの雰囲気。初めて行く場所なのに初めてじゃない感じです。

閉店から一ヶ月程かけてペンキを塗り塗りしたり床を打ち付けたりと
リフォームが大変だったようですが、いたるところにツルさんのこだわりが見えました。





そして印象的だったのはあちこちに素敵に飾られている花々。
どれも瑞々しくて生き生きしておりました。


たくさん写真を撮ってくれば良かったのですが、話に夢中になりすぎて出来ず。
このブログでピクニカ六本松店の魅力の100分の1も説明できておりませんので、
是非とも遊びに行ってみてください!!

商品の販売だけでなく、これからちょっとした催しもしていくみたいなので、
(チェコ語教室ももしかしたらやるみたい)これからも目が離せません。

I Love ピクニカ!

ってなことで、この日の着物のコーディネート。



竹に鳥が舞っておりますよー。ちなみに帯留も鳥のブローチ。
購入してから初めて着てみたのですが、
穴があいてたり色あせしてるとこもあって状態はあまりよくないことが発覚。
無念なり・・・。

あと今日は寒かったのでとっくり着込んで長襦袢さんを省きました。
羽織りも着たのであったかかった。

来週も着物でお出かけする予定なのでどんなコーデにしようかな。
どうか寒くありませんように!
picnika : comments(4) : trackbacks(0) : salmery
ピクニカよ、永遠に・・・

私の大好きな東欧雑貨のピクニカさんが、
2009年12月28日をもって閉店いたしました・・・。

私とピクニカとの出会いは職場のポストに入っていたとあるフリーペーパー。
オープンしたばかりのピクニカが紹介されていて、
その記事を見て数ヶ月後に、私ははじめて一人でピクニカへと訪れたのでした。


小さなアパートの一室にピクニカはありました。
臆病者の私がドキドキしながら足を踏み入れると、
そこには私の大好きな空間が広がっていました。

そして店主であるツルさん。


女性の方がお店をしていると勝手に思い込んでいたので、
初めてツルさんを見たときは吃驚してしまいました。

普段、私は初対面の人とはまったく話さない人間なのですが、
東欧が好きでたまらなかった私は勇気を出してツルさんに
話しかけたのを覚えています。
そしてお店を訪れた記念に一冊のノートを購入。


そして再びピクニカに触れたのは、数ヶ月後の筥崎宮骨董市。
出店していたピクニカではじめてマッチラベルを購入しました。
それからマッチラベル蒐集にハマった私は
ちょくちょくピクニカを訪れるようになったのです。



それと同時に少しずつツルさんとも仲良くなっていき、商品を買わないで、
数時間も居座っておしゃべりすることもしばしば。(というかほとんど)
非常にはた迷惑な客人だったと思います。

ピクニカではツルさんだけではなく、野良猫のウシャとも出会いました。


ウシャを激写しよう体をくねらせるツル氏。
そして覗き込むワタシ。
そして私たちの視線の先にウシャ。

  

もちろん人や猫との出会いの他にも、
東欧からやってきた素敵な商品たちとの出会いもありました。
(その一部たち↓)

 
 

そしてピクニカに対する過剰なる愛が故に、
缶バッチを作ってプレゼントしたこともありましたね。

 

そして着物でも遊びに行きましたね。

 

すべて懐かしい思い出です。

そして閉店の28日の前日。
最後のピクニカとツルさんを写真におさめようと、
カメラを片手に遊びに行ってきたのでございます。

記念写真をパシャリ。

思えば一緒にちゃんと写真を撮るのはこれが初めてでした。
私は右腕からババシャツがはみ出しております。なんたること!


セルフタイマーを使って、
何度も失敗しながら撮りました。

これがピクニカで最後の写真になります。

ありがとう、ピクニカ!
さようなら、ピクニカ!!

六本松に移転しても、ずっと元気でいてね!!!


ということで、
ピクニカは一時閉店で、今泉から場所を移して六本松で
1月22日から営業を開始いたします。

ならそんなに悲しむことないじゃんかって??

いやはやしかし、この気持ちに嘘偽りはないのです。
天神界隈にあったピクニカが、気軽に行けない距離の六本松に移転すると聞いた時は
あと少しで涙がこぼれ落ちるほど取り乱したものです。

「今泉にピクニカが存在する」という安心感、
天神に行った時、ピクニカに行かなくても、
そこにピクニカがあるという「安心感」があったのです。

この安心感がなくなるということはとても悲しい。
いつでも気軽に行くことが出来た私の憩いの場所がなくなるんですもの。

でも、出発の門出を祝わねばなりません。
嘆き悲しんでばかりではピクニカに申し訳ないではありませんか!

いつまでも応援してます。
ピクニカがずっとずーーーっとなくならないで、
ツルさんがおじいちゃんになるまで存在し続けることを願ってます。

そして私もおばあちゃんになっても、常連客としてずっといすわってやりますよ。
フフン!


picnika : comments(0) : trackbacks(0) : salmery
旅立つ前に・・・
先週の土曜日、ピクニカに行ってきました!!



なんてったって、店主のツル様が明日には異国に旅立ってしまいます。

その前にねぎらいの言葉をかけてやらねば!
あわよくばお土産買ってきてもらうように頼まなければ!!

というわけで、お着物でふらり。

ツル様、お元気で帰ってきてくださいませね!!!
そしてたんまり可愛い子を持ち帰ってきてくださいなーーー。

6月17日(水)までの買い付け中も、
5月30日(土)と6月13(土)は通常通り営業されるとのことなので、
是非是非遊びに行ってみてください!
奥様と、もしかしたらウシャ(猫)が出迎えてくれますよー。



そしてそして、着物と帯。

着物は単衣です。ほんとは6月と9月しか着ないものなのですが、
昔に比べて現代の地球は温暖化の一途!!

ということで、ちょびっと早く着たって問題なし。

でもでも着物は一足も二足も早く夏帯を締めてしまったのですが、
着物界では果たしてよかったのでしょーか?いくない気がする…。

あとこの日気づいたのですが、
なんとこのお着物一部ほころんでました…。
帯も見えない部分がほどけてた!

そして着る回数を重ねるほど、汚くなる私の着付け…。

どしてー!!なしてー!!?
本気で着付け教室習いに行こうかと考え中です。

この日はピクニカの後はレンタル屋さんで
小谷美紗子とドーベルマンベストを借りて、
夜はお酒呑みに行ってきましたー。楽しかった☆








picnika : comments(2) : trackbacks(0) : salmery
picnika de X’mas
クリスマスイヴイヴの昨日は、
豚さんとピクニカさんへと行って参りました!!

クリスマスプレゼントはお互いピクニカで購入して
交換しようと決めていたのです。

そして私はこちらをチョイス!



お皿のような時計です(実際に食器を作るメーカーさんが作ったものらしい)。

ちゃんと時計として動くかどうかもわからず、
お値段はつけられていない状態のものだったのですが、
一目惚れしてしまったのでキープさせていただくことにしました。

時計なおるかな?どうかな??ワクワク。

さて、この日はお着物でお出かけしてきました。



本当はクリスマスカラーの赤と緑でコーデする予定だったのです。
でも当日に急遽変更。気分じゃなかったのです。



ちょっと変わった縞のお着物に菊の帯。
菊の帯をこの時期に締めて良いのか不安だったのですが、
検索したら通年でも大丈夫と書かれていたので締めてみました。
そして帯揚げは黄緑。

ピンク×黄緑でかろうじてクリスマスカラー??

と、無理矢理クリスマス気分を盛り上げてみたり。

クリスマスは昔っから好きだ。
何も予定無くても、それはちっとも変わらない。
外はキラキラしてるし、なんだかワクワクしてしまう。
つまりはロマンティックなのですな。

明日が終わると一気に世間がお正月めいてしまうのはほんのり残念なのですが、
それまでクリスマス気分をめいっぱい楽しもうと思います。

ちなみに今日は出張で島原へと行って参りました。
肉体労働です。

あと二日で仕事も終わり。
早く遊びたいぞーーーーーー!!!
picnika : comments(0) : trackbacks(0) : salmery
あっかんべー

▲豚さん撮影

なんだこの愛くるしさ。
東欧雑貨のピクニカさんの常連である野良猫のウシャ君です。
(オスと推測。というかそうであってほしい)

昨日訪れましたら、噂に聞いていた舌出しフェイスを拝ませていただけました。
店主であるツル氏のイラストでも舌出してます。このまんまだったとわ!

犬では舌を出したままってのは普通だけど、猫ではなかなかないでしょう!
それが壮絶に可愛らしくて悶絶。目つきの悪さもたまりません。

この日はツル氏の奥様もおり(ほぼ初交流!どきどき…)、
いつものごとくウシャ撮影会&交流会が繰り広げられました。

そして私は餌付けの為の煮干しをいただく。
いつになってもちっとも警戒心を解かないウシャを
手なずけようと試みたのですが、猫パンチをもらうのみ!
いえ、それだけでも幸せよ。前よりもウシャ君に近づけた気分だもの。

いやー、舌のピンク具合がたまらなく可愛かった。
桜貝のようとでもいっておこうか!

先ほどひよりさんから連絡があり、
これから猫カフェに行ってくるとの事。

猫カフェでは、気に入った猫がいたら、
お店と面談して貰い受ける事もできるそうです。
それに、処分される運命にあった猫も引き受けてるんだって。詳しくはこちら
それを聞いて、猫カフェって素敵じゃん!!とちと感動してしまいました。
現代に必要ですね。猫カフェ。猫にとっても人にとっても。

猫カフェ、今度ひよりさんに案内してもらおうっと。

------------------------------------------------------------------------------

ふぅ。
あと一週間。
この一週間が正念場です。
ゴールは26日。
それが終わったらひとまず解放。
ここ数年、情報遮断してて、自分が馬鹿になってるのが分かる。
このままだといけないなという危機感。
どうにか良い方向に持って行きたいです。頭使わなきゃ。
picnika : comments(0) : trackbacks(0) : salmery
過剰な愛


ピクニカへの過剰な愛ゆえに、こんなん作ってみました。
THE 缶バッチ。



作ってるときは楽しくて仕方がなかった!
商品ぽく見せる為に、ちゃんと偽バーコードも印刷。



最後デザイン的にちょっと手を抜いたので、
包装には悔いが残る出来となってしまいました。

でも、今日ピクニカのツルさんに手渡ししたら
とても喜んでもらえたので、あげたこちらも大喜びです。

ちなみに画像などの素材はピクニカさんのサイトから勝手に拝借。
製作の過程は以下の通り。

まず、Illustratorでモトとなる図柄を
缶バッチの大きさの円内におさまるようにデザイン。
それを普通紙よりもちょっとお高いスーパーファイン紙で綺麗に出力。
丸形に切り取り、缶バッチを作る機械を使い製作します。

そのお利口な機械がこちら。


その名も『カンバッチグー』です。
こんな玩具みたいな機械で、冒頭の画像のような
缶バッチが手軽に製作出来ます。
機械も4,000円前後で購入出来ますので、興味が沸いた方は是非☆

ちなみに今回作った中で私のお気に入りは、
ツル画伯が描いたウシャのイラストを使用した缶バッチ。
ウシャとはピクニカにちょっかいを出しにくる野良猫です。

今日もピクニカにやって来たので、
豚さんとツル氏と三人で撮影会が繰り広げられました。



地べたに這いつくばる大人二人(右がツル氏)。
二人の視線の先にウシャがいるのですが、
ドアの先からなかなか部屋に入ってこようとしません。



ウシャは警戒心が強いらしく、まっったく懐かず
近づこうとすればすぐ逃げてしまうのですが、
そのつれなさがまた可愛くて、こちらとしては夢中になってしまいます。

ピクニカの雰囲気にぴったりの愛らしいウシャ。
猫も東欧も大好きな私にとってはたまらない組み合わせです。
ウシャに会える事を期待しつつ、またピクニカを訪れようと思います。
picnika : comments(0) : trackbacks(0) : salmery
picnika*ピクニカ日和*追記




豚さんに誕生日にプレゼントしたお皿と花瓶画像を
ゲッツしましたので(というか豚さんに頼んで送ってもらった)
ついでに載せちゃいます☆

実はあげたにもかかわらず、
私もすっっっっっっっっごぉーーーーーーーーく!!
欲しい欲しいお皿と花瓶です。(あれ?もしかしたら花瓶じゃないかも…)
色、デザイン、形、どれもこれも素敵すぎ。

次にこんなのみっけたら我先にゲットだぜ!

※やっぱり花瓶じゃありませんでした!ピクニカさんのブログによると、
ハンガリーHollohazaの磁器製ワイン容器(年代不詳・50-70年代)だそうです。


…と、その前にこんな素敵な食器たちの似合うお部屋にしなきゃね
(これ、何度も言ってる気が…)。

とりあえず、最初の一歩として、先日購入したちっこい額に、
ヤフオクでゲッツしたドイツの切手を飾ってみました。



しかし素敵に置ける場所がない。

広い部屋に引っ越したいぜよ・・・。

★雑記☆
豚さん撮影の画像と、私の撮影の画像。
見比べてみると性格や好みの違いがはっきり出てますね!

豚さんは群青色のビロード風の布を背景に撮っていて、
とっても上品で高級に見える撮り方をしてる。
映したいものが引き立つように撮っていると思います。
先日購入していたカップもシンプルなものを選んでいたように、
豚さんはどうやら洗練されたものがお好きなようです。

一方、私の場合。
目がチカチカする市松や、ハデハデな花柄などの目立つ布を使用しています。
品物を引き立てるといった考えは二の次で、
見た目の奇抜さやインパクトを与える見せ方をしていると思います。
私はどちらかというと色も沢山使っていて模様も複雑な方が好きなのです。

無地や色の少ない無印ではなく、
奇抜な色をしたフランフランに惹かれる。

でも、上品なものも好きですよ。
そしてゲテモノも好きなのです。両方いけるクチ。

なのに私が表現する方法はゲテモノです。
それしか出来ないのでございます。たまに過食気味になるけどね。
picnika : comments(2) : trackbacks(0) : salmery
picnika*ピクニカ日和
先週の土曜日のこと。
ひっさしぶりに大好きな東欧雑貨のピクニカさんに遊びに行って来ました!
お店に「遊びにいく」とは変な表現ですね。でも、これは間違ってはおりませぬ。
なぜなら3時間もお店のご主人のツル氏と
おしゃべりして居座ってしまったのだから…。
これはもう営業妨害の域であります。でも辞めません。辞められません。
そんなに長居してしまう理由は色々あります。
まずはお店自体の魅力です。

アパートの一室を使ったこじんまりとした空間には
東欧の魅力がギュッと凝縮されています。

店内を流れるへんてこで可愛い音楽。
コチコチコチと時を刻むアンティークの時計たち。
優しい色合いの飴色の明かり。
時々訪れる人になかなかなつかないのら猫(ウシャと名付けられたらしい)。
気泡を含んだガラス瓶には、本物の花がさしてある。

ゆっくりとした時間がそこには流れています。

そして東欧からはるばる旅して日本にたどり着いた食器や、
刺繍の施された布、熊さん、マッチラベルなど、
様々なものがそこでひっそりと息づいている。
きっと色々な人の手を渡って来たのだと思う。
ピクニカには郷愁が溢れています。

そして極めつけはご主人のツルさん。
彼がまた置かれている商品に負けず劣らず良いお味をだしているのだ。

ちなみに見た目はこんな感じw(眼鏡かけたらそのまんまかと☆)


画像はピクニカで購入したマッチラベルの一枚です。
マッチラベルは値段も安いし、様々なデザインのものがあるので、
気軽に集める事ができるのではないでしょうか。

でもやっぱり私が今欲しいのは食器類。とってもとっても可愛いのだ!
東欧の食器は食事する為だけでなく、壁に飾る為の穴もついているのです。

今回は皿ではなく、こちらの西ドイツ生まれの
エッグスタンドを購入いたしました。(もしかしたらキャンドルスタンドかも?)


乗っているのは卵…と見せかけてマラカスですw

デザインも色合いもとっても可愛い。小さいけど適度に重さがあるのも素敵。
そしてバックスタンプもとっても可愛いのだ★


『ファニーデザイン』=『おかしいデザイン』
(ヘンテコなデザインの方がしっくり?)。このネーミングもたまりません。

ちなみに豚さんが購入したのはこちら。


チェコスロヴァキア生まれのぽってりとしたカップです。シンプルなデザイン。
こちらのバックスタンプにはアーマー(鎧)の
デザインが施されていてカッコよすだった。

あとこちらは以前購入したウサギのハットピン。
あぁ、とてつもなく可愛い…(鼻血)。


ちなみに16日まで一周年記念として、2,000円以上購入すると
ちょっとした嬉しいものがもらえます。私は既にゲッツ済です。ふふふ…。

天神のアップルストア近くのベローチェを曲がってまっすぐ行った所にあります。
こちらの看板が目印(カワユス!)。↓↓↓

東欧雑貨のpicnika
福岡市中央区今泉2-1-55 やまさコーポ102号
tel:092-400-0587
12:00〜21:00 水曜定休(変更あり)
*画像には11時からとなっていますが12時からです。
 ずっと前に撮ったものなので、変わってるのかも??

人見知りしてまったく話さない私がここまで入り浸ってしまうお店は初めてです。
その不思議な魅力に溢れたピクニカさんに、是非とも足を踏み入れてみてください。

きっとあなたも虜ですpic(←PicnikaのサイトTopの人形のアイコンを制作するも失敗。無念なり…)
picnika : comments(0) : trackbacks(0) : salmery
コレクターへの第一歩
080217_2156~01.jpg
踏み出しました。私は形から入るのです。
マッチラベルを収納するアルバムを購入しました☆
でもまだ三ページくらいしかうまってない。
早くアルバムをいっぱいにしたい!そんな野望に燃えています。
なんだか目的を誤ってしまいそうです。いけませんね。

さて、今日は先日骨董市でも購入した『ピクニカ』さんに
豚さんと行って参りました!
そこでまた2千円分ほどのマッチラベルを購入してしまう。
一時間以上も居座ってしまいました。
やはり店主の男性の方は、とっても感じがよかったです。
あと動物が描かれた素敵な絵本を見付て欲しかったけど、
お金の問題であきらめてしまいました。
そこで流れていた音楽も可愛くて不思議で好きだった。オモチャみたいな感じ。
誰の歌か店主さんに聞いてみると、
流れてるものと一緒におすすめの音楽も教えてくれました。
店を後にして早速タワレコに行って探してみると、
なんと国内版に、緒川たまきさんのコメントが!
これはやはり買いですね。中古屋さんに売ってるらしいので、
そこで購入しようと思います。ワクワク。

ピクニカさんは、やっぱり大好き。また行こうと思います。

あ、ちなみに店で流れていた音楽はクリンペライです。
今パソコンで試聴してみた。ヤバい。
私が高校生の時から探し求めていた音楽です!!
嬉しくてゾクゾクする。アルバム買いあさってしまいそうです。
picnika : comments(0) : trackbacks(0) : salmery