BLACK CAT MELANCHOLIA
日常の記録。
好きなものたちへの愛も綴ります。








スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク
はじめての石鹸教室

手作りコスメ作りに目覚めてからずっと気になっていた手作り石鹸。
なんと!タイムリーに東欧雑貨ピクニカさんで石鹸教室をやるとのことで
12月18日に一人で参加して参りました!
(ちなみにTOP画像は石鹸教室にまったく関係のないハンガリーの絵皿展 in ピクニカ


ピクニカさんでも販売している『mino soap』の石鹸を作っている
ミノハラさんを先生に迎えての石鹸教室。
店主のツルさんが商品買い付けの際に購入してきた
ハンガリーの蜂蜜を使ったレシピで石鹸をつくります。

--------------------------------------------------
【レシピ】『ハンガリーアカシア蜂みつ石鹸』

●水        150g
●苛性ソーダ    65g

●オリーブオイル  200g
●米油       100g
●ココナッツオイル 100g
●パームオイル   100g

●アカシア蜂みつ  小さじ2+水20g
-------------------------------------------------

苛性ソーダと油を混ぜることにより『鹸化』という化学反応が起き、
石鹸が出来る・・・という仕組みらしい。ふむふむ。

行程は次のようなかんじ。(写真と短い文章から感じ取って!!)

★水で苛性ソーダを溶かし中。温度がどんどん上がっていきます。
溶けたら40度くらいに下がるまで放置。

☆お鍋に油を計って入れてるところ。
ココナッツ油とパーム油は冬はこんなにカチコチなのね!

★全部の油を入れたら湯煎で溶かし、こちらも40度くらいになるまで温度を上げる。

☆お、そろそろいんでないかい?

★いざ、苛性ソーダを油に投入。
最初の20分は休まずに混ぜる!ひたすら混ぜる!!

☆すると・・・。こーんな感じにとろみが出てきます。
軽ーくトレース(型入するサイン)が出てる状態なのかな?

★そこで蜂みつを投入。精油を入れる場合もこの時に。
(でもこの量の石鹸生地に精油100滴は必要らしいよ!富豪じゃないと無理!!)

★温度を40度で保つために、再び湯煎にかけてました。
するとすぐにこんな感じに泡立て器を持ち上げると線上に跡が残るように。
型入れサイン!出てます出てます!!

☆おのおのが持って来た1000mlの紙パックに入れていきます。

★石鹸生地を入れた紙パックをタオルで包んで熱を逃がさないようにする!
これで一日寝かせます。

☆翌日紙から出した状態のもの。
見た目は石鹸ですが、まだ鹸化してる最中なのでゴム手袋をして扱います。

★好みの大きさに切って、一ヶ月コロコロ転がしながら乾燥させて出来上がり。

どんな使い心地になるのかとっても楽しみ!
作ってる最中はまるでお菓子を作っているようで、
思わずペロリと食べてしまいそうになりました。

今度は自分一人で作っるのだ!
材料と道具をちょぼちょぼと集め中。

夢がふくらみますわね!!
手作りコスメ : comments(7) : trackbacks(0) : salmery