BLACK CAT MELANCHOLIA
日常の記録。
好きなものたちへの愛も綴ります。








<< 最近、考えるのです。 : main : 赤 線 斜 陽【アホロートル】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク
赤 線 斜 陽【浜 脇 編】


別府のローカル遊園地であるラクテンチを後にして
私が向かったのは浜脇遊郭の建築跡が残っているという東別府。

ここは私が別府大学1年生の時に住んでいた寮がある場所で、
私にとってとてもなじみのある場所なのです。

でも、そこに住んでいた時は遊郭(赤線)建築が残っている事など全く知らず、
なんだかレトロな建物がある場所だなぁーと思うくらいでした。

そして今回改めて訪れてみると、
知らなかった面白く興味深い建築がざくざく出てくる。

セロハンを貼付けたような、カラフルなガラス窓。


緑と橙の色の対比が眩しい赤線建築。


平衡感覚が狂いそうなこの角度。


そしてそのタイルの建築横には、窓の装飾がモダンな建築も。


水色の淡い色彩がとても素敵な洋風の平尾邸
まるでそこだけ別世界のような、特別な存在感を放っていました。


これまたその門の装飾が繊細でたまらない!


そして印象的だったのが蝶。
たくさんの蝶々がいたるところで舞っていました。

その蝶を見る度に、
この地で春をひさいだ遊女たちの化身なのではないだろうか?
とひとり妄想にひたるのでありました。

美化のしすぎですか。そうでしょう。

東別府は細い路地の入り組んだ、とても面白い探索地帯でした。

赤 線 斜 陽【アホロートル】につづく

★おまけ★


別府大学寮の隣にある教会。
その昔、昭和天皇も訪れた事がある場所だそうです。
やはり、私が寮に住んでいた当時はまったく知りませんでした。
孤児院で、子供の幽霊が出るらしいよ…
といったありがちな怖い話をしたことくらいしか覚えていませんでした。

今回改めてまじまじと見てみると、
教会の近くに天皇について書かれた石碑がありました。
私がそれを読んでいると、背後から異国のシスターが

「元気ーーー??」

と声をかけてきました。
そのまるで友達のような物言いに、思わず吹き出しそうになる。
私が戸惑いながらも受け答えをしていると、最後は

「じゃーねーーー^^」

と軽い口調で言って、教会へと向かって行きました。
うーん、面白かった。

別府はほんと奥が深い。
まだまだ面白そうな所がありそうな予感です。

▼関連記事
別府ひとり旅.1
別府ひとり旅.2
赤線斜陽 : comments(6) : trackbacks(0) : salmery
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク
コメント
なつかしい!!私も別府大学の寮にいたんです!!
あ〜!大学時代楽しかったな〜(●^o^●)
| ちー | 2009/07/04 6:56 PM |

ちーさんコメントありがとうございます☆
寮に住んでたことあるんですね!!
寮生活は一年だけだったですが、いい思い出です(^^)
| 黒猫 | 2009/07/05 8:20 PM |

ですよねぇ(>_<)
寮ってほとんどの人が一年で出ちゃいますよね(●^o^●)
今は留学生も一緒に住んでるらしいですよ(>_<)
| ちー | 2009/07/14 8:24 PM |

異文化交流できて楽しそうですね!
大学から遠すぎなのがネックですけど☆
| 黒猫 | 2009/07/14 11:33 PM |

わたし、やまがで、そだちました、はまわきは、あそびばでした遊郭の、めいろは、いまでも、めにうかびます、なつかしいな、すみやすい、まちですよ
| もやし | 2013/06/25 3:14 PM |

久しぶりにこちらのブログ覗いてみました!
6年ぶり笑
私も遊郭跡とか心惹かれます!
栄えていた浜脇の話を聞くと、まるでその時代を見てきたかのように光景が浮かびます(@_@)
いやー、しかし別府って独特の空気がありますよね!
黒猫さんが別府に大学の為に来られたのもやはり何かの縁というか、前世とか関係があるのではないかと思いますよ&#8252;
私自身、中学時代から別府に来たくてしょうがなくて、「これは地霊が呼んでるのか」とか悶々と考えてましたけど、大学に入って、別府に住み、魂の帰る場所にたどり着けたような気がしました。
就職の為に引っ越しましたが今でも別府に帰りたいと思います(@_@)
| ちー | 2015/09/13 6:09 PM |

コメントする









http://bc-salome.jugem.jp/trackback/142
トラックバック