BLACK CAT MELANCHOLIA
日常の記録。
好きなものたちへの愛も綴ります。








<< 大阪東京ひとり旅【3日目・前編】 : main : ポワソンドール展示会 in OSAKA >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク
大阪東京ひとり旅【3日目・後編】
前日は同じ宿のシングルのお部屋だったけど、
この日ははじめてのカプセルホテル!!



ときめくわぁーーー!

女性専用ゾーンのあるカプセルホテルなので、ちょっぴり安心。
しかしカプセルのお部屋自体には鍵もないのだね〜。
やっぱり不安に思ってしまいました。

チェックインしたのは7時過ぎ。
着物からお洋服に着替えてお出かけですよ!

夜の雷門とお月様うつくし。


今宵は与ろゐ屋さんで(旅の)〆のラーメンをば。
旅の間にどうしてもラーメンを食べたくて…!
http://s.tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13003715/


梅しおらーめん

あっさりしてて美味しかったーーー!!
普段飲まないスープもぐびぐび飲んでしまいました。
女性にはおすすめですね。
(ちなみに与ろゐ屋さん、現在改装工事のため休業中。
滑り込んでやったぜ!!)

お腹も満たされ、あとはお風呂に入って寝るだけです。
もちろん旅の楽しみのひとつになりつつある銭湯へ!!
浅草には蛇骨湯(じゃこつゆ)という
江戸時代から続く銭湯があるらしい。
名前カッコいいし!歴史あるし!たのしみだし!

Google Mapさまに導かれ、あともう少しで到着…

というところで、ふと気になるお店を発見。



わたしのアンテナがビンビン反応してる。
これは…好きなかほり…



地球樹
http://chidorii.exblog.jp/21284378/

予想通り、大好きな空間が広がっておりました…

静かに興奮しながら商品をじっくり物色。
興味がむくむくとわいていたので
人見知りであることをすっかり忘れて
お店の方にも話しかける。

話を聞くとなんと!
この日でオープンしてから1周年とのこと…!!
そんなめでてぇー日に居合わせるだなんて…!!!
勝手に運命を感じてしまいました。
ご夫婦でお店をされており、
骨董品を売るお店と、
昔の自転車を売るお店とで別れているとのことでした。



ご主人、うれしそーにたのしそーに自転車について
いろいろたくさん見せて教えてくださいました。
昔の自転車についてまったく知らなかったので
その話自体もとても興味深かったのですが、
ご主人が好きなものについて楽しそうに話す姿がとても良かったです。
そういうの、いいよね。好きです。





昔の音楽がBGMで流れてて、私が好きな李香蘭の歌が。
思わず「わたし李香蘭が好きなんです!」と言ったら
少し考えて、「夜来香(イエライシャン)だね!」
と歌の曲名を答えてくれたのが、
何気にカンドーした瞬間でした。
今までこんな風に人と会話したことなかったものー!!
うれしかったなー。

夜遅いにも関わらず、長々とわたしのお相手をしていただいてありがたかったです。
興奮して忘れてたけど、たぶんとっくに閉店してる時間だったんだろうなー。
申し訳ないです。


(地球樹さんで購入した革のツギハギバッグ)

最後の思いもよらない素敵な出会いに大満足し、
そのお店から歩いて数分の蛇骨湯へ。

の前に、バーーーーーーー



長いよ。
このバーーーーーを通り過ぎた細い路地の奥にあるのが蛇骨湯。

江戸時代から続く銭湯だけれども、
改装されててとっても綺麗!
設備もしっかりしてる。


(このあふれる昭和感…)

そして、なにより私がカンドーしたのは
銭湯ではじめて見る本物の富士山…!!(日本語変!)
まうんとふじだーーーーっ!!!

銭湯=富士山の絵だけれども、
今まで旅先で訪れた銭湯には描かれてなかったのですよね。
(先ほど調べたら、銭湯の富士山は
「ペンキ絵」が一般的らしい。こちらはタイル絵。)

それが浅草のこの地ではじめて拝むことに。
朝焼けなのか、夕焼けなのか(わたしは朝焼けと思ってる)
ほんのりと色づいた淡い色彩のやさしい富士山。
満開の桜も咲いておりました。
まるで夢の中のような、おだやかな幸せを感じる風景。
懐かしくて涙が出るようなやさしい絵。
わたしはこの富士山が大好きになってしまいました。


(画像がなかったから一生懸命文章で説明しようとしたのに
検索したら写真出て来た…(ネットから画像拝借))

富士山を見ながら湯船に浸かり、
わたしは今この瞬間の幸せを噛みしめたのでした。

大大大大大満足してカプセルホテルに戻り、
次の日は早い飛行機で福岡に帰るので、
いそいそと就寝。
するはずが、ちっとも寝れず…。
午後の遅い時間に恵比寿の猿田彦珈琲で
うっかりカフェモカを飲んだことが原因だと思われる。
カフェインに弱いんです…。
結局数時間しか寝れず、
ふらふらの状態でチェックアウト。

もう帰るだけなので、楽しいことはもう訪れまい…と思っていたら、
なんと、最後にありました。

ホテルのすぐ近くになんと煎り豆屋さんを発見!
8時頃なのにもう開いてるしーーー!!




今時もう珍しくなった量り売りのお店で
とってもいい感じだった。
お会計も昔から使っていると思われる
骨董市にでもありそうな古い算盤使ってたし!

興味がむくむくと湧いて、いろいろと質問していたら
なんと台湾人と間違われました(笑)
なんでーーー!?(面白かったけど)


(布袋様の袋もかわいい)

そして東京に別れを告げ、福岡へ!



(大濠公園見えた!)

大満足の末、無事福岡へ帰り着き、
3泊4日のひとり旅を終えたのでした。

今回の旅は、人見知りな私が
「人に会いに行く」ことを目的とした
新しい試みの旅でした。
そんな旅だったからなのか、
今回はいろいろな出会いがあった。
人に限らず、物にも出会った。
ほんと私ってばひとり旅の天才かもしれん…!!
と、楽しすぎた旅を振り返り、
しみじみと思うのでありました。
: comments(0) : trackbacks(0) : salmery
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク
コメント
コメントする









http://bc-salome.jugem.jp/trackback/277
トラックバック