BLACK CAT MELANCHOLIA
日常の記録。
好きなものたちへの愛も綴ります。








スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク
大阪東京ひとり旅・2日目【キモノロック編】
ついについに!
キモノロック大阪!!

数ヶ月前に行われたキモノロック福岡が超絶楽しすぎて、
ついにきちゃいましたよ大阪へ。
そう、私が今回旅にでようと思ったきっかけはこのキモノロックだったのです!

朝起きて一番の難関である着付け。
だってだって、泊まった宿には姿鏡がなかったんだものーーー!!!
(あるのは三畳の空間にテレビだけ。)

こんなこともあろうかと、少し大きめのお化粧用の鏡を持ってきていたわたくし。
それを下に置いたり上に置いたりと試行錯誤しながら
なんとか着付けしゅうりょー。

宿のおばさんたちに褒められたり、
宿を出てすぐ外国人観光客や、
大阪の調子のいいおっちゃんに声をかけられ、
やっぱり着物の力は偉大ね…!!
と、しみじみと思うのでありました。
(洋服ではこーはならないもんね)

チェックアウトが9時だったので、
オープンの11時にはまだ時間がある…。
そこで、最近マイブームの純喫茶に行くことに。
検索すると、どうやらアメリカンという喫茶店が目的地に近くて評価が高い。
ということで、アメリカンへとまずは向かうことにしました。




ホテルのロビーのようなきらびやかな照明と装飾!


うねるような壁や、目の形をした照明などなど。
なんて不思議で未来的な空間なのだ!


一目見てキャーーー!となりました。
こんなとっても素敵な喫茶店でモーニングをいっだくしあわせ。


しかし、私の心はそこまで余裕はなかったのでございます!
はじめての着物イベントへの遠征。
人見知りな性格である私は極度の緊張により
なんにも手につかない状態に…!
9時30分には喫茶店に着いたにもかかわらず、
食べ終わってもどこにも行かずにずーーーっとひたすら
アメリカンでドキドキ、ドキドキしておりました。

そんなこんなで時はすぎ、オープン前には会場に着こうと、てくてくてくてくあるきます。

通りすがりのオスカル。


ちょっぴりレトロな写真屋さんも。


着いたよ!


この緊張からはやく解放されたい!
はやくオープンしとくれ!!!

オープーーーン!


第一歩はやっぱ緊張しましたよ。
しかし!
わたしには福岡のミューズ、
ユミニクさんがおるのです!!

そう、キモノロック大阪には
とっても素敵なヘッドドレスや硝子の帯留やピアスなどなどを作る
福岡在住のユミニクさんも参加しているのでした。
もちろん今週末に行われるキモノロック東京にもおりますよ!!

この日の百合のヘッドドレスももちろんユミニクさんのでした。



さて、わたしがなぜこんなにも緊張してたかというと
TwitterやInstagramなどのネット上で仲良くさせていただいていた
ハセガワアヤさんや、ハイカロリイオトメさんと
初めてお会いできるからだったのです!(それだけじゃないけれども)

まずオープンと同時にユミさんをさがす!
求める!オアシスを!!
(勝手に避難所にしてすんませんした!)
そこで息を整えていざ出陣…!!

みなさん大人気でゆっくりじっくりお話しすることが
最初はなかなかできなかったのですが、
なんとかハジメマシテをすませることができました。

そして、にわかの貢ぎ物も。




CHOKOさん、もらってくれないかも…きっとそうに違いない…
と思ってひっそりとCHOKOさん分を
鞄に閉まっていたら、
忘れた頃にツカツカと歩み寄ってきて、
にわかを求められるというね!
おもしろかった!

もちろんキモノロックのあれやこれやもたのしみましたよーーー!!

あれもこれもそれもほしいっっっ




4時間近くたっぷり居座って、
キモノロックをタンノーしたのでございました。

とーーーーっても!


たのしかったよーーーーー!!!

(ハイカロさんのブログより拝借)

キモノロック大阪を去った後、
興奮してルミロックさんの商品や
モダンアンテナさんの帯、
履物関係のコーナーをまったく見れてなかったことに気づき愕然…!
次こそはこんな失態おこさないよう気をつけねば…!!

そんなことを思いつつ、次に目指すは東京!
夜の飛行機に飛び乗り、浅草の宿にチェックインしたのでした。
(ちなみに初の姿鏡なしの着付けは大失敗で、
東京に着く頃にはグズグズでひどい有様に…泣)

そんなこんなで怒涛の旅はまだまだ続く。おたのしみに!!
着物 : comments(0) : trackbacks(0) : salmery
大阪東京ひとり旅・1日目
3泊4日のひとり旅。
旅立つ前はいつものごとくナイーブになり、
行きたくないなぁ〜ともやもや。
それでも朝はやってくる!
飛行機で旅立ち、まず向かったのは
大阪のドヤ街、1400円の激安ホテル。
荷物を置いて身軽になってからお出かけしようと思いまして。
駅に着いて宿へ向かっていると、
男の人がうじゃうじゃうじゃ。
道の脇にたむろってたり、椅子に座ってたり、寝転がってたり。。。
女の人、まったくちっとも見かけません…!!
今まで見たことのない光景で、かるちゃぁーしょっくを受けてしまいました。。。

大阪、こわい…こわいよ…

心細さを胸にやっと辿り着いた宿では
部屋に入ろうとすると隣の部屋からパンツいっちょのおじいちゃん出てくるし…

そんな出鼻をくじかれた感がありつつ、
今回の旅は果たして大丈夫なのだろうか…と
不安に思いつつ向かうは四天王寺の骨董市。





前回行った時は朝の8時過ぎで、今回は1時前となかなか遅いスタートでした。
着いたは良いけどあまりもの天気の良さに、お店の人もぐったり。
着物屋さんも片付けを始めてる人もいるし
なんだかお客さんも少ないような…?
あまりもの活気のなさにしょんぼり。
めぼしいお宝も発見することもなく、その場をあとにしたのでした。

ずーっと歩き通しで足はもうぼうのよう。
お腹も空いたし次に目指すはカレー!カレーですよ!!
なんでか胃がカレーを欲してたので、
必殺食べログで美味しそうなところを調べる。
難波に用事があったので、近くのカレー屋さんに目ぼしをつけて出発。
Googleマップ様に案内してもらっていると、
なんだかとってもレトロでかわいい看板や建物を発見。



そんなの見つけちゃうとついつい寄り道して写真を撮ってしまう習性が。
ふらふらと導かれるままに歩みを進めていると、
なんと!最近NHKの番組で見て気になっていた味園ビルが…!!!



元キャバレーで、今はアングラな酒場がひしめく面白そうな場所なのです。
建物もとっても素敵。
カレー食べた後に、中に入って写真を撮りまくりました。
ほんとは夜に行くべきなんだろうけど、
だってやっぱりこわいんだもーん!






味園探索を満喫したあとは、なんば駅近くの百貨店に。
Pimentさんのブローチが目的です。



可愛くて可愛くて、唇ブローチと、ヒトデブローチで
ずーっとずーっと悩んでしまいました。
ビーズのびっしりブローチ大好きすぎる。




かわいいものたちに触れ、満足した私はお宿に戻り、近くの銭湯へ向かいます。
泊まった宿が、女の人はお風呂禁止なもので…こわい!(もうそればっか)
銭湯にも正直ぶるってたのですが、
あらあら意外、とっても清潔でいい感じの銭湯でした。



一人旅の定番になりつつあるわ、銭湯。
このあいだの京都旅の島原で銭湯に入って
極楽気分を味わってからかしら。
たっぷり一時間以上満喫して明日に備えて宿へと戻ったのでした。

宿に入ってからはトイレとの戦い。
宿泊してる人に会わないように、耳をすませて人の気配を感知し、
忍者のようにスサササッと用を済ませる。
(行く前にまじ危ないから気をつけて!!と、知り合いに脅されてたもので…)

そんなこんなで過剰な恐怖心と警戒心を胸に、
大阪の1日目の夜を終えたのでございました。

二日目につづく。
(そんなこと言って前回の京都弾丸ツアーも最終日まで書けなかったので、続きがない可能性大アリ!)
着物 : comments(0) : trackbacks(0) : salmery
アンティーク訪問着

 
 

先日、博多阪急の「素晴らしき時代マーケット」にて、
訪問着2枚を購入しました。
仕事終わりで閉店まで30分しかなく、駆け足で物色。
その中で心惹かれたのがこの2枚でした。
どちらも九州には初出店という静岡の「もち乃木」さん。
今回感触が良ければまた九州に来たいとのことでした。
どちらもお手頃なお値段で、特に菊の訪問着はものすごく安かった

菊の訪問着は、購入した時よりも
どんどん好きになっているスルメ着物。
お腹辺りから裾、後ろに増殖していくかのような菊がたまらなく素敵!
( 後ろを見せようと左足、がんばってます…!)
色も所々に淡い赤紫が入っているのがとても好みです。
三つ紋入りで、裾には綿が入っていて、
八掛の紫や、不思議な模様の地紋もこれまたお洒落。
まだまだひよっこすぎて私には似合わない気がするので、
少し温存しておこうかなぁと思っています。

そして青の訪問着。
この青がとても不思議な色合いでうっとりなのです。
紋も入っておらず、柄も裾だけなので(後ろにも入ってない)
少しさみしいかなぁと思ったのですが
この色に一目惚れしてしまいました。

購入したことには2枚とも満足はしているものの、
いかんせんどちらとも訪問着。
なかなか着る機会がないことが悩ましいところ…。
とりあえず青の訪問着を来月のクリスマスにでも着てみるかな。
(イベントごとは活用せねば!)
名古屋帯でも良いのだけれど、どうせなら袋帯を合わせたい。
でも袋帯は染めのものを2本しか持っていないので、
織りの素敵な袋帯がほしいなぁ…などと思っています。

と、こうやって物欲がどんどん高まっていくのでありました。
(あと、既婚で今更なんですが、
振袖もほしいとか思ってたりして…あはは)
着物 : comments(0) : trackbacks(0) : salmery
百合尽くし
先週の三連休初日。
昼と夜、別々の着物でお出かけしてきました。

昼はランチに出かけたのですが、お天気は雨の予報。
雨の日に着物でお出かけしたことがない私はとても不安だったのですが、
ドキドキしながらもお気に入りのコーデでお出かけいたしました。

着物と帯と帯留にも百合を使った
百合尽くしコーデ。

他にも着物と帯には撫子や萩などの植物が舞っております。

こちらの着物は北九州の古布屋さんで購入したものです。
あちこちに白カビのようなポツポツがあったり、小穴もあります。
細工用に売り出されていたものなので仕方がないのですね。

この着物を使って日傘を作ってもらうか迷っているところです。

でも…でも…
可愛いから着たい…!!


お出かけした時には雨が降っていなかったのですが、
ランチした後にお家に帰ろうとしたらなんと!
土砂降りの雨…!!!

ぼーぜんとしてしまいましたが、私には雨具がある…!!

すでに雨下駄履いてるし、雨コートを羽織って、爪革を下駄に被せれば…

って爪革がなぁーーーーい!!!

そう、なんとわたくし肝心の爪革を忘れていたのでありました…。
(爪革とは、雨や泥はねを防ぐために下駄の先を覆うものです。)

自分のおとぼけぶりに泣きそうになりましたが、
泥はねしないようにおそるおそる歩いてなんとか我が家に帰り着きました。
着物も濡れなかったし大丈夫!

外出する時は荷物の確認をしなきゃですわね…。反省。
(にもかかわらず、夜にもおそそうしてしまうのですが、その話はまた今度…)


さて、実はこの日に履いた雨下駄ちゃんは、
数日前、箱崎の戸部田さんですげてもらったばかりの
オニュー(死語)なのでありました。


雨下駄というと、普通鼻緒は水を弾くコーティングされた鼻緒をすげるのですが、
見た目が可愛くないのですよね。
なので私はこちらのデットストックのヴィーンテージ鼻緒を選びました。
ブルーのキラキラがとっても可愛い♡

前ツボは赤だったのですが、ブルーにかえてもらいました。
この色を決めるのにとても迷った!
鼻緒に入ってる灰色に近いブルーと、孔雀色と、もっと鮮やかな青
私は最初のイメージは孔雀色だったのだけれど、下駄屋さんのアドバイスにより
鮮やかな青を使うことに決めました。
孔雀色と赤の組み合わせは、アンティーク着物の世界では多い組み合わせなんだって。

そんなんこんなで、お気に入りの雨下駄をゲットしたのでありました。

さて、夜の着物コーデはまた次回。おやすみなさひ…。
着物 : comments(2) : trackbacks(0) : salmery
愛すべきヒゲネコ展
 

六本松にある東欧雑貨ピクニカさんでヒゲネコ展なるものが開催されております。
東欧雑貨なのになぜに猫の展示?それもヒゲ…ネコ……??

そんなアナタにはこちらの写真。
ヒゲ!まごうことなきヒゲが口元に…!!

「我が輩は猫である」

と、今にも話し出しそうな立派なヒゲと凛としたお顔立ち。

こちらの猫ちゃんはピクニカ店主のつるさんが飼っているチッチ君。
他にもう一匹やんちゃなデン君という黒猫を飼っております。
(両方ともオスメスどっちだったかな…)

店主のヒゲネコ愛が溢れ出した結果、
このような展示が開催されることになったわけですね。

さて、こちらの展示ではこれまでつるさんが撮りためた猫写真の展示と共に、
様々なグッズも販売されております。

バッグにノート、缶バッチにハンコなどなど…。

*ピクニカさんで購入したオリジナル(piknico)の
 ランチョンマット(クロスステッチのリスがプリチー)と、
 ヒゲネコグッズもろもろ。

そして極めつけはこちら…!!(ドドーン)


こんな風にヒゲネコマスクをかぶることもできますよ。
(変なポーズでごめんなさい。わたし、ヒゲネコ仏です。)

「♯ヒゲネコマスク」のハッシュタグをつけてinstagramでアップすると
こんな風に一覧でみなさまのヒゲネコマスク姿を見ることができます。

大人がこんなにふざけてる…!このくだらなさが最高…!!

instagramをやってないから見れない…という方は、
findergram等のサイトでハッシュタグを検索すると
みなさまのヒゲネコ写真を見ることが出来ます。

こちらのヒゲネコ展、7月10日にピクニカさんでの展示を終えた後は、
なんと福岡を飛び出して火の国熊本で開催されるようです。

ヒゲネコマスクをかぶってみたい!
ヒゲネコの写真を見たい!!
グッズが欲しい…!!!

という猫狂なみなさまはどうぞこちらのヒゲネコ展へ。
(あ、もちろん本業の東欧雑貨も素敵な品々満載ですよ!)

※ちなみに本物のチッチはお店にはおりませんのであしからず。


(…ハ!)
picnika : comments(0) : trackbacks(0) : salmery